velodyn

velodynのお問合せはこちらから>>

velodyn® は、Matlab/Simulink®をベースとして、従来型とハイブリッド双方のパワートレインの最適化が行える、フレキシブルな車両シミュレーションプラットフォームです。包括的なモデルライブラリに含まれる基本エンジン、パワートレイン、電気自動車の構成部品だけでなく、新たに作成したり、構成を変えたり、他からインポートしてくることもできます。

velodyn® をシミュレーションプラットフォームとして他のシミュレーションツールで作成された自動車構成要素モデルとの協調シミュレーションも容易に実現できます。

~ 国内総販売代理店 ~

豊田通商システムズ株式会社は、Exothermia S.A.社の国内総販売代理店として、販売及びサポートを行っています。 として、販売及びサポートを行っています

■ 開発元:Exothermia S.A  http://www.exothermia.com/

 

velodyn® の特長

Model Library

velodyn® のモデルライブラリは、エンジンやクラッチや、トランスミッションと車両モデルだけではなく、バッテリーやウルトラキャパシター電源装置、燃料電池、コンバーター/インバーター等の一般的な電気的コンポーネント等、非常に多くのモデルコンポーネントを備えています。また更に冷却システムの温度検証を行えるコンポーネントも備えています。

Model Management

velodyn® のモデルマネージメント機能はモデルに関するパラメータのハンドリング、バージョン情報、およびオンラインヘルプのみならず、DLLsやビットマップなどのモデルデータベースに必要なすべてのファイルに、追加ファイルの必要なく連携することが可能です。
velodyn® は利便性を考慮したグラフィックユーザーインターフェースでモデル管理を容易にします。

axisuite®/et-suiteとの連携

axisuite®/et-suiteとシステム連成する事で、後処理システムにフォーカスした車両シミュレーションはもちろん、et-suiteの新機能・バッテリーシミュレーションを用いて、エネルギー効率や充放電特性までを考慮したEV/HVの車両シミュレーションが可能となります。
・エンジン/排気モデル
・EAT(排気後処理)システムモデル
・制御ソフトウェア(EAT&エンジン)

※後処理コンポーネントモデル全体の後処理システムへ組み込まれ、さらに制御システムとリンクします。
※後処理とエンジン+エミッション制御、これらの組み合わせを車両ごとに組み上げることが可能です。

※ 『et-suite』は『exothermia suite』の略称で、『axisuite®』の後継ツールです。

 

velodyn® の機能紹介

コンセプト設計用途

コンセプト設計フェーズにおいて、以下の様な事前検討を可能とします。

✓ ハイブリッドトポロジやエネルギーマネジメント
✓ 運転性能と燃費推定
✓ ドライバビリティとそのパラメーター開発
✓ TCUおよびHMUの制御アルゴリズム

Co-Simulation対応

任意の車両サブコンポーネント用の3rdパーティシミュレーションツールと簡単に組み合わせることが可能

Mill / SiL / HiL / CiL対応

✓ 機能開発や検証
✓ 堅牢性チェック
✓ ループ内の概念チェック(inDrive)

その他に

● 試験ベンチ連携
  ✓ エンジン、トランスミッション、パワートレイン試験ベンチのトルク負荷生成
● 迅速なパラメータ校正
  ✓ 制御パラメータ最適化のための過渡車両モデル利用

velodynのお問合せはこちらから>>

 

※ velodyn、axisuite、exothermia suiteは、Exothermia S.A.社(本社:テッサロニキ・ギリシャ)の製品です。
※ MATLAB/Simulinkは、The Mathworks Inc.の製品です。
タイトルとURLをコピーしました