【製造業必見】異常音対処のメリットについて

こんにちは。担当の土屋です!

このようなお悩みはありませんか?

・機械から変な音がするけど、処置をすべきかどうか分からない

・異常音を対処することによって、どのようなメリットがあるのかを知りたい

製造現場では、機械や装置の運転中に異常音が発生することがあります。 
そのまま放置をすると、トラブルが起きる可能性が高いため、早期の対処が非常に重要な課題となっています。 
今回の記事では、工場機械や装置の異常音について、適切に対処することのメリットを4つ紹介したいと思います。

1. 安全性の向上 

異常音は、機械や設備の故障、不良、劣化などによって発生します。 
これらの問題が放置されると、より深刻な故障や事故を引き起こすことがあります。 
異常音が発生した場合には、それが何を意味するのかを調査し、早期に適切な対処を行うことで、機械や設備の安全性を向上させることができます。   

2. 生産性の向上 

異常音は、機械や設備の正常な稼働を妨げることがあります。 
そのため、異常音が放置されると、生産ラインが停止したり、作業効率が低下することがあります。 
適切な対処を行うことで、これらの問題を解決し、生産性を向上させることができます。 

3. 設備の寿命を延ばす 

異常音が放置されると、機械や設備がより早く劣化し、寿命を縮めることがあります。 
逆に、異常音に早期に気付き、適切な対処を行うことで、機械や設備の寿命を延ばすことができます。 

4. コスト削減 

異常音が放置されると、故障や事故が発生した場合、修理や交換にかかるコストがかさむことがあります。
また、生産ラインが停止した場合には、その時間の損失も発生します。 
適切な対処を行うことで、これらのコストを削減することができます。 

以上が、異常音を適切に対処することのメリットとなります。 
異常音を検知するための具体的な方法については、後日公開予定の記事でも解説予定ですので是非チェックしてみてください。


【製造業必見】異常音の検知方法について解説

弊社豊田通商システムズでは、SoundGraphyという手軽に音を可視化できる音響カメラを販売しております。

『いつでも』、『どこでも』、『誰でも』使えるので、効率的に異常音を検知することが可能ですのでこちらも是非チェックをお願いします。 

音を可視化する音源探査カメラ『SoundGraphy』